<日中共同開催ー東京チャイナタウン上映&対話会へのお誘い>06月24日 11時31分

「言葉を超えた上映と対話」の会です。

日本語と中国語、こんなにも近い場所で暮らしているのに、こんなにも違う言葉を話す私たち。

それでも私たちひとりひとりにはいくつもの共通するものがあります。それに気づき、そこから言葉を超えた「愛と平和の絆」が生まれますように。

これは戦争映画ではなく、愛の物語。

 

日中問題を扱う映画ではなく、日本と中国の人々が力を結集した世間の人々への平和のメッセージ。

描かれた人々の行き方は、過去を癒やしつつ、その熱きメッセージは現代、そして未来に向けられている。

1945年夏、長い間続いた戦争が終わった。中国大陸には多くの日本人開拓団(32万人)が移り住んでいた。

彼らの生活、夢は敗戦とともに崩れ去った。逃避行を続ける彼らは中国の山中で生死の縁をさまよっていた。

そこには中国の農民達が暮らしていた。彼らの多くは日本軍によって大切な家族を失っていた。愛、俊介、山龍(シャンロン)、 そしてその年老いた母、彼らの間に国境を越えた友情、

そして、命を懸けた愛が生まれようとしていた。

7月3日(金)~7月8日(水)7回開催

「純愛/JUN AI」東京チャイナタウン上映&対話会

池袋二丁目68番地1「池袋スタジオ」

電話 050-6805-5868

7月3日(金)14時ー17時 ★★ 開幕上映

7月4日(土)13時ー15時 ★

7月4日(土)16時ー18時

7月5日(日)13時ー15時 ★

7月6日(月)19時ー21時

7月7日(火)19時ー21時 ★★ 七夕上映

7月8日(水)14時ー16時

 

★★開幕日、七夕は小林桂子(主演・製作総指揮)ご挨拶

★4,5日(土日)昼の部は奥山省吾(総合企画プロデューサー)ご挨拶

 

<定員>

50名。

満席の場合はご入場できない場合もございます。

 

 

<参加費>

一般の方 1,000円(日中友好特別価格)

純愛パスポートの方 500円

(青岛ビールorお茶一杯サービス)

 

<事前予約>

席は自由席ですが、「席数」をご予約できます。

席は自由席ですが、「席数」をご予約できます。

「代表者名」「参加日時・人数」「ご連絡先」

を下記まで rental@ikebukuro-studio.jp

 

【住所】

豊島区池袋二丁目68番地1「池袋スタジオ」 電話 050-6805-5868

【交通】池袋车站地下商店街ECHIKO C6出口步行6分钟

【定員】50名(満席の場合はご入場できない場合もございます)

【主催】 池袋Studio 日中TV

【協力】 NPO法人纯爱国际和平基金 アジア太平洋観光社

【後援】 全日本華僑華人聯合会

 

 

これまでに「純愛」が手にしたかけがえのない宝物、

それは映画を見た人の心に溢れる感動、子供達の笑顔、

そして、日本、中国、世界に広がった「人と人との絆」です。

 

<挑戦と試練、そして夢の実現>

ひとりの人間に出来ること。

ひとりの人間との出会いが起こすこと。

 

この映画も、この映画プロジェクトも、このシンプルなテーマに変わらず挑み続けて今日に至っています。

それが「実現するだけで奇跡」といわれた日中共同制作映画の制作・公開につながりました。

プロジェクト発足13年半を経過した今、独自の成長の道を歩み、昨年は英国貴族院での上映&交流会、今年はセドナ国際映画での最優秀作品の受賞によって、ひとり、またひとりと映画のキーパーソンの目に留まりつつあります。

 

私達はこれからも世界に上映の輪を広げていきます。

これまでに出会った全ての皆様と、笑顔で会えるその日を信じて。

 

<映画の上映>

日本においては下記に加えて、宮城県多賀城市、黒川郡、横浜都筑公会堂、鹿児島などで地域の皆さまとともに貴重な上映の機会を頂きました。 これまでの機会を共に生み出して下さった全ての皆

さま、そして小林正高代表率いる梵天、ミネハハさん、秋山峰男さんをはじめとする出演してくださったアーティストの皆さまに、心より感謝申し上げます。

 

―欧州・国際

2007年エンジェルフィルムアワード・モナコ国際映画祭 最多5部門受賞

ベストプロデューサー賞(小林桂子)

エンジェルピースアワード(小林桂子)

インディペンデントスピリッツ(純愛)

ベスト助演男優賞(ポン・ポー)

ベスト助演女優賞(チャン・シャオホワ)

BBCワールドトゥデイ報道 2008年UNHCR 国際難民映画祭 正式出品 2009年エンジェルフィルムアワード・モナコ国際映画祭 特別上映・特別グランプリ 2010年BAFTA(英国映画テレビ芸術アカデミー)

国際上映&交流会 2011年英国貴族院 招待上映&交流会 2012年第18回セドナ国際映画祭 (アメリカ・セドナ)

観客投票・最優秀長編作品賞(Audience choice BEST FEATURE FILM AWARD)

主催者賞・文化の架け橋賞(Director choice BRIDGING CULTURES AWARD)

 

―中国―

2008年中国全土劇場公開(200館以上)

長春映画祭 正式出品 2010年中国国営放送(CCTV)オンエア

 

―日本―

2006年六本木オリベホール 完成披露上映 2007年銀座シネパトス 劇場公開

ウィークリーぴあ満足度ランキングNo.1

キネマ旬報「心に染みる本物の映画・・・」

NHK衛生1 「きょうの世界」報道 2008年札幌マリオン劇場 劇場初公開

名古屋シネマスコーレ 劇場公開

憲法改正記念館にて国会議員・議員対象上映会(映画議連主催) 2009年純愛フェスティバル in 札幌

純愛フェスティバル in 東京 (日比谷公会堂) 2010年純愛マザーテレサ映画祭(カトリックメディア評議会後援) 2011年東京表参道 東日本大震災チャリティー上映会

岩手県一関修紅高等学校 芸術鑑賞会

千葉県匝瑳市(そうさし)東日本大震災チャリティー上映会 2012年東京表参道 日中&国際交流上映会