【華流】カリーナ・ラウがブランド設立!ワインや美容商品を販売06月29日 10時56分

ベテラン女優の劉嘉玲(カリーナ・ラウ)が、実業家としての記者会見を中国・上海で開催。自身の名前をつけたワインの完成を発表した。中華系の各メディアが報じた。台湾メディアの中国時報によると、女優活動を30年以上に渡って続けてきたカリーナが、会社を設立したとのこと。  

自ら開発したブランドの代表となり、ボルドーワイン「Carina Lau」を商品化したそうだ。6月25日より発売がスタートした。カリーナは「劉嘉玲という3文字は数十年の芸能生活を映し出している、人生の縮図とも言えます」と思いを語った。  

また「自分のブランドで商品を販売しますが、友人のみなさんが認めて好んでくださいますように」と願い、商品名を個人名にした責任や、ワイン業界に新たな旋風を巻き起こす意気込みも伝えた。誰にも無い個性を出し、ワインの本場とされるフランス製の味を紹介していきたいそうだ。  

今秋にはカリーナ・ブランドの赤ワインとシャンパンが香港、台湾を始めとした東南アジア市場にならぶそうで、「最も安いボトルが1箱6本入りで1500台湾ドル(約6000円)」など、中国時報は紹介した。今後「カリーナ・ラウ」ブランドで、スキンケア用品ほかコスメグッズ始め、様々な商品をヨーロッパに販売していきたいそうだ。  

女優業以外にこれまでも、不動産投資や飲食店経営などに挑戦してきたカリーナ。自身のブランドを創立したことでよりステータスを上げ、各方面での影響力が強まりそうだ。

情報源: Searchina