日本で暮らす外国人「汚いものをかばんに入れたくない」、ごみを持ち帰る習慣は日本人だけ?08月31日 15時16分

2015年8月28日、中国のインターネット掲示板にこのほど、「ごみをかばんに入れて持ち帰るのが一般化されているのは日本人だけか?」と題するスレッドが立った。



先日、中国と台湾である動画が話題になった。中国人留学生が日本で「非常に驚いたこと」として、街中でごみ箱をほとんど見かけないにもかかわらず、道路がとてもきれいなことを紹介する内容だ。インタビューに答えた日本人は、みんな「出たごみは持ち帰って処分するのが当然」と話した。

スレッド主がこれについて、日本で生活する欧州の人たちに聞いたところ、口をそろえて「汚いものをかばんに入れたくない」と答えたといい、一部には「ごみ箱が見つからなければ、人が見ていない時にポイ捨てする」という声もあったようだ。また、日本の街にごみ箱が設置されていないのは、「強制的に持ち帰らせるためだ」という指摘もあった。

これに対して、中国のネットユーザーからは、「日本人だけっていうのは判断が難しい」「台湾もそう」「韓国人もそうだよ。韓国に半年留学していたけど、ごみ箱は少なかったな」「米国のスポーツ競技場でアルバイトをした経験から言って、米国人はごみを持って帰ったりはしないね」「私はすでにごみが捨てられてる道路でも、ポイ捨てはしない。ほかの国の人も同じじゃないかと思う」といったコメントが寄せられた。

また、「環境によるんじゃない?日本人でも車の窓からたばこの吸い殻やおしっこの入ったペットボトルを投げ捨てる人いるよ?」「すべての日本人ができるわけじゃないし、ほかの国の人ができないかというとそうでもない。中国でも教育レベルの比較的高い若者は、普段からそうしている人もいる」などの意見も見られた.

「駅のゴミ箱 分別」の画像検索結果

情報源ーーrecordchina