北京ユニバーサル・スタジオが正式契約、2019年にオープン予定―中国09月13日 17時27分

2015年9月14日、京華時報によると、中国北京市で19年にオープン予定の大規模映画テーマパーク「北京ユニバーサル・スタジオ」の契約締結式が13日、米ニューヨークであった。

 

 

 

 



式には北京市の幹部も出席。李士祥(リー・シーシヤン)副市長は「北京市は今回の建設計画を全面的に支持する。北京市はテーマパークを作るに最適な環境だ。米側からの投資が拡大することを期待している」と述べた。米側も北京市の支援に感謝の意を表明した。

「北京ユニバーサル・スタジオ」は、北京市通州区の通州文化観光地区に建設される。敷地面積は1.2平方キロメートルで、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンの2倍以上という。シンガポールや米国の施設よりも大きく、世界最大になる予定。全体に「中国色」が盛り込まれる見通しで、プールやリゾートホテルなども併設される。投資額は500億元(約9500億円)。







(翻訳・編集/大宮)

record chinaより